美肌を守るための7つの生活習慣・ほんのちょっとの習慣づけが10年単位では大きな差になる

美容ノウハウ

美肌は、一夜にしてならずです、日頃の習慣がとっても大事。

でもあまりに面倒だと、忙しい毎日の生活ではおろそかになりがち。

なので、できるだけ簡単にできる6つの習慣をまとめたよ。

朝でかける前にする事

1.季節に関係なく日焼け止めを塗る。

紫外線は、年中通して肌にダメージを与えています。

転校や季節で強い弱いがあったとしても、

まったく肌がダメージ受けない季節はありません。

2.ビタミンCを塗る。

朝は、活性化酸素対策に一番効果の高い、ビタミンCを塗る。

一日の始まりに活性酸素から肌を防御する対策が必要なんです。

美白コスメに含まれていと思いますので、

朝にビタミンCがたっぷり入った美白コスメを使いましょう。

あっ塗るときにマッサージはしない方がいいよ。

肌が傷むから。

リフトアップは、手を使わずに、顔の筋肉を動かすべし。

3.レンチンでヒートショックプロテインを出す

人は、熱の刺激によって、防御機能が働き、

肌を守る物質を分泌します。

非常に冷たいか、熱いか、どちらでもいいのですが、

ビックリした皮下組織で特殊なたんぱく質が作られるのです。

レンジでチンした、ギリギリやけどしない程度の蒸しタオルを

顔に当てて、このヒートショックプロテインを出します。

タオルの大きさでいうと、ハンドタオルぐらいのものを

したたり落ちない程度の水を含ませて、レンジで20秒から30秒程度チンします。

それをやけどしない程度の熱さにして、顔にしばらく当てます。

瞬間湯沸かし器で、42度ぐらいでもいいでしょう。

38~42度ぐらいがヒートショックプロテインが作られる温度です。

ヒートショックプロテインはコラーゲンを増やしてくれるので

肌のハリも良くなってくるかもしれません。

4.耳を折りたたんで輪ゴムで止める

耳には沢山のツボがあるので、マッサージやツボ押しをすると、

朝の顔のむくみがとれて、スッキリした顔になりますが……

直接手で触ると桃の肌には良くないので、

化粧の最中にでも直ぐできる、耳をなるべく折りたたんで、

輪ゴムで留めおくと同様の効果があります。

日中にすること

5.目元をこすらない

目がかゆくても、目をこすらない。

めの下の皮膚はとても薄いので、直ぐにしわや色素沈着になります。

その逆に直すのもとても困難なのです。

ただし、かゆみを我慢するのは大変なので、目薬を使用して、

目の痒みをとめるようにしましょう。

6.肌の水分補給と紫外線対策

日中、外に出るときは、できる限り日傘をつかいましょう。

そして暇さえあれば保水すること。

朝の保湿だけでは絶対たりません

とくに日本の夏は、日照時間も長く、気温も高いので、

あっという間に、肌の水分がなくなります。

こまめに保水するようにしましょう。

夜寝る前にすること

7.ビタミンAを塗る・摂取する

ビタミンAの主要な成分であるレチノールは、皮膚の粘膜を健康に保効果があります。

るちろん抗酸化作用もあるので、朝にも使っていいですが、

朝は防御のため、夜は回復のために、ビタミンAを塗ったり、摂取した理しましょう。

老化と年齢人によって違う

年ねいが同じでも、若く見えたり、老けて見えたりするのは、

決して印象や誤差程度のものではなく、

そして年齢が肌を同じように老化させるのではないのです。

どんなものだって、丁寧にケアして使っていけば、

とても長持ちするよう、肌もケア次第で大きく異なった結果になるのです。

いかに毎日ケアをしてきたかの差によって異なります。

トラック運転手が、窓際の顔半分だけが、異様に老化したりすることからも、

紫外線に対する防御が肌をいつまでもきれいに保つ最大の方法です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました